営業マンもお客様を選ぶ??

東亜ハウス アスタ住宅展示場

他業種の営業と違う住宅営業の特殊性

住宅の営業担当は、その会社の最初に見学するモデルハウスで担当してくれた営業がそのまま担当するケースが殆どです。
(なので「弊社の建物をご覧になるのは初めてですか?」と、担当が既に付いていないか、モデルハウスを見学すると必ずと言っていい程聞かれるわけです)

さておき、住宅営業は、最初にモデルハウスにご来場されておあら、実際に計画を進めて、ご契約・着工からお引渡しまで、かなり長い年月を共に共有することになります。
そこで、営業マン側としても、「一緒に住まいづくりを進めていけるお客様か?」という事も考えながら接客させて頂く事になります。

(特に、僕は設計やインテリアコーディネートまで深く関わらせて頂く手前、少なくとも他の営業の2~3倍の時間を1件1件のお客様に費やしていますので、この点は重要視しております)

住宅は高額商品。

「お客様は神様」という考え方も、最もな一つの考え方かと思います。 しかしながら、請負契約である、住まいづくりにおいては、住宅はお客様と営業担当、それぞれの担当と力を合わせて計画を進めていく事が、良い住まいづくり&ご満足頂ける住まいづくりをする近道になると思います。

「家を買ってあげるんだから、しっかり良い建物も建ててくれよ!」ではなく、「一緒に問題を解決しながら良い家づくりをしましょう!」という気持ちで営業マンと接することが、理想の家づくりの第一歩です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP