家づくりの本質(目的)がブレないように気をつけましょう

早いもので、3月も中旬に突入しました。

お蔭様で、この所非常に忙しくさせて頂いておりまして…

H様邸のお引渡し(可愛らしいご夫婦にふさわしい、とっても可愛らしい家が完成しました^^)

K様邸のお引渡し…(カッコいい外観デザインの家になったと思います。個人的には、和室~玄関まわりの雰囲気がとても良い感じになったなと^^)

 

お引渡し2件に現在建築中が5件に、これから着工が1件、ご契約後お打合せ中が2件に、プランご提案中が2件と…ありがたい限りです^^b

土日はなるだけ、アスタ展示場で皆さまのお住まいのご相談をお受けできるように心がけてはいるのですが、店に居ない時間も多々ありまして…「ちょっと家づくりについてお話ししてみたいな、相談があるよ」という方は、事前にこちらや携帯にご連絡頂けましたら幸いです(汗)

 

さて、3月と言えば、「決算月」の会社が多いのではないでしょうか?

弊社は4月決算なので来月なのですが、大半のハウスメーカーは3月が決算月です。

「今月は決算月なので、安くしますので今月ご契約お願いします‼」 と言う営業マン…かなり多いですが、これに乗るのはやめましょうね(^^;;

こういう営業マンは決算翌月も同じ金額を提示してきますし、そもそも家づくりの本質(目的)を見失ってしまう可能性が高いです。

家づくりは、一生で何度もできるものではありません。なので、パートナー選びは大事です。

「この人に任せられる」という確信がないままに契約してしまうのは危険なので、気をつけましょうね。

(勿論、納得いくご提案が出ていて、ちょうど決算のタイミングと重なったので、気持ちよくサインができた、というケースはとても良いと思います^^)

僕自身はと言いますと、決算月だからと言って価格が安くなることは・・・・・・・ありません(残念ながら…汗)

1軒1軒、大事にプランニングさせて頂いておりますので、決算月だから…〇〇だから…と条件を変えることはありません。

皆さん平等に、最大限努力した条件でお話しさせて頂いておりますので、その点はご了承下さい(汗)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP