我が家も発電を開始しました

2月入居…発電開始は6月中旬

この度、我が家の太陽光パネルも発電を開始しました‼

という事で、モニターを設置して我が家が現在いくら消費していていくら発電しているかをモニタリング…結構楽しい(笑)

新築の際、太陽光パネルの設置が得か損か? という事で悩まれる方が多いです(僕も結構悩みました)

太陽光単品で考えると…損得はあまりないような気がします。

10年間は売電ができるので、総発電量―消費量=プラスになれば光熱費が丸々0円になり、プラスになれば収入もあります。

10年間で初期コスト分は売電できるので、損はしないと思いますが、10年終わった時点でパワーコンディショナーの交換が必要でメンテナンス費用が20~30万円くらいかかります。 

加えて、11年目からは売電ができなくなる可能性が高いので(今日現在で11年目の売電価格は7円ちょっと/Kwh…)

グラフのように、発電する時間と使用する時間が違う場合は、発電した電気を捨てて消費の多い時間帯に電気を買う…という非効率な状況になるので、全然家計の助けにならなくなります。

これは、電気をためておくことができないからですが、これを解消するには蓄電池が必要になります。

まだまだ発展中の技術なので、今すぐ導入する必要はないかと思いますが、10年後までには蓄電池を導入するつもりで太陽光を採用するなら、太陽光パネルは良い選択だと思います。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP