持家派か?それとも賃貸派か?購入を迷う場合は一歩下がって確認してみましょう

住まいに求める条件を書き出してみましょう

賃貸と持家の比較では、お金に関する話が中心なることが多いですよね。しかし、現在の住宅ローンの金利の低さを考えると、総支払額は実はそれほど変わりません。それなら、心の満足度についてもっと考えてみては如何でしょうか?
例えば、賃貸の最大の利点は、フットワークの軽さ。仕事での転勤やライフスタイルの変化による引越しやご近所関係のトラブルにも柔軟に対応できます。
一方、持家は「一国一城の主」としての満足感が魅力。老後の住まいが確保できる、家族に家を残せるなどの安心感もポイントでしょう。
いずれにしても「住まいになにを求めるか」が大切。それぞれのメリット・デメリットを考え、将来のことも視野に入れて、家族で話し合ってみてください。

持家と賃貸、支出に違いが出るのはローン返済後です

持家の場合は、購入時に何百万円かの諸経費がかかります。この支出は賃貸では発生しません。その代わり、賃貸では一定の期間ごとに更新料がかかり、さらに引越す場合は引越し費用、新たな敷金、礼金、仲介料などが必要です。
一方、持家の場合は建物の修繕費やリフォーム費用がかかりますが、この段階では支出自体にそれほどの差は出てきません。
違いが出てくるのは、持家のローン返済後です。返済が終われば持家派の支払いはストップ。ここから持家派の逆転が始まります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP