次世代住宅ポイント制度 創設へ

国土交通省は12月17日、消費税率の引き上げへの対策として、一定の性能を持つエコ住宅の新築やリフォームに対してポイントを発行する「次世代住宅ポイント制度」の創設が財務大臣との折衝で認められたと発表した。
エコ住宅(省エネ性能の高い住宅)、長持ち住宅(耐久性等の高い住宅)、耐震住宅(耐震性能の高い住宅)バリアフリー住宅(バリアフリー性能の高い住宅)の新築に対しては、1戸あたり上限35万ポイントを発行する。
エコリフォーム、耐震改修、バリアフリー改修、家事負担軽減に資する設備の設置に対しては1戸あたり上限30万ポイントを発行する。
要求額はすまい給付金の拡充分などと合わせて2085億円。     引用:新建ハウジング

住まい給付金の拡充、住宅ローン減税の拡充に続いて、次なる施策が発表されましたね…。
全部合計したら、消費税が10%になってから購入した方が得に見えます(笑)

増税後に消費が落ち込むでしょうから、物価も下がる可能性あるでしょうし…今は買い時ではないように余計に感じます。

ただ、住宅ってモノとして考えると損得が重要ですが、コトを育む場所として考えると「欲しい時が買い時」なので難しい所ですよね…。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP