, , , ,

廿日市市住吉の家/K邸

2015.10

DATA
----------------------------------------
所在地/ 廿日市市住吉
家族構成/ 夫婦+子ども2人
構造規模/ 木造、地上2 階建て
延床面積/123.79 ㎡(37.44 坪)
1 階床面積/65.00 ㎡(19.66 坪)
2 階床面積/58.79 ㎡(17.78 坪)
用途地域/ 第一種住居地域
竣工年月/2015 年10 月
建築価格帯/2,200 ~ 2,300 万円

FINISHES
----------------------------------------
外部仕上げ
外壁/ サイディング
屋根/ ガルバリウム鋼板
窓 / 樹脂複合サッシ
内部仕上げ
床/ 合板フローリング
壁・天井/ クロス張り
建具 / 既製建具
階段/ 造作さらし階段
   ・スチール手摺
ガレージシャッター/ 電動
主な設備機器メーカー
キッチン/ クリナップ
バス・サニタリー/ TOTO

LDK 02

ビルトインガレージと6 帖をこえるスキップフロアのある家

市街地において、近隣や道路からの視線は非常に気になる項目の一つ。また、近隣の家との隣棟間隔が近いことが多いため、特に1階部分の日当たりの確保に注意を払う必要があります。その一つの解決方法として、K邸で採用したのは「スキップフロア」。「お洒落だから」「憧れで」と安易に設けて失敗しやすいのが「スキップフロア」。というのも、スキップフロアの上部空間は吹抜けとなるため、熱効率の問題が出てくる。また、スキップフロアの下の部分の使い方にも気を配る必要が出てくる。1階に取れる貴重な床面積を削ってまでスキップフロアを設ける必要があるかを予め検討しておく必要がある。その点を、K邸では徹底的に追及し、7.2 帖のビルトインガレージの上部をすべてスキップフロア(1.5 階)とし、床の高さもこだわり抜いて、1階の床から1,745mm 上がった高さに。1.5 階で遊ぶお子さんに目が届き、1.5 階からリビングに光が降り注ぐ絶妙な高さとすることに成功しました。「スチール手摺に、最初は落下防止のネットが必要かと思いましたが、意外に必要ありませんでした。子どもの様子を少し気にしながら生活する方が、家族の繋がりができて良いですよ」と奥様。

中2階 02

1.5 階スペースをしっかりと7.2 帖設けることで、お子さんの遊び場という、しっかりとした役割を設けることに成功しました。これにより、リビングはいつもものが片付いた、綺麗な空間に。1.5階の天井は木目とすることで、1階のLDK と繋がった空間ながら、全く別空間のように感じます。スキップフロアを効果的に設けることができれば、広がりを感じることができ、土地面積が限られることの多い市街地でも、豊かな生活を手に入れることができます。

PAGE TOP