, , , , ,

東区中山南の家/M邸

2015.05

DATA
----------------------------------------
所在地/ 広島市東区中山南
家族構成/ 夫婦+子ども1 人
構造規模/ 木造、地上2 階建て
延床面積/113.71 ㎡(34.39 坪)
1 階床面積/56.53 ㎡(17.10 坪)
2 階床面積/56.18 ㎡(17.29 坪)
用途地域/ 第一種住居地域
竣工年月/2015 年5 月
建築価格帯/1,900 ~ 2,000 万円

FINISHES
----------------------------------------
外部仕上げ
外壁/ 吹付+塗り仕上げ
屋根/ ガルバリウム鋼板
内部仕上げ
パブリックスペース
床/ スギ無垢フローリング
壁・天井/ クロス張り
プライベートスペース
床/ フローリング
壁・天井/ クロス張り
主な設備機器メーカー
キッチン/ パナソニック電工
バス・サニタリー/TOTO

LDK 01

2 階にリビングがある家

北側道路で西側隣地が畑という一見好立地に見えるM様のご購入された土地。しかしながら、約40 坪で長細い土地であることから、隣地との間にしっかりとした空間を設けることができず、将来、西側隣地に建物が建つと、とても暗くなることが予想されました。そこで、2階リビング案をご提案させて頂くことに。住宅が密集している都市部では、隣家との距離のとれない1階のリビングは、採光できる方向が限られてしまい、薄暗い空間になりがち。一方、2階にリビングを設ければ、採光や通風、眺望を良くすることができ、1階に日当たりを気にしなくてよい浴室や寝室を集約することで、2階のフロア全体がリビングといった大胆な空間構成の家を作ることができます。また、2階リビングとすることで、「食事中に窓を開けると通行人と目が合ってしまうので窓とカーテンを閉めっぱなし」とったこともなく、容易にプライバシーを守ることができます。

洗面化粧室

さらに、2階リビングは屋根勾配に合わせた勾配天井を、家の容積を増やすことなくご提案できるというメリットもあります。限られた面積の土地でも天井高の高い開放的なLDKを安価で効率的に得ることができるのです。しかしながら、2階リビングプランにも注意点がいくつかあります。それは、「玄関のありかた」と「生活動線」の2つ。1階に玄関、2階にLDKとなるため、1階の玄関ホールから廊下部分、そして階段がお客様の目に触れることとなります。よって、来客動線に配慮したプランとすることは勿論、その来客動線上のデザイン性にもしっかりと検討する必要があります。M邸においては、玄関からの廊下を直線状に取り、その先に中庭を設けることにより、「視線の抜け」をつくりました。天井に、床材に負けない濃い色を配し、上下方向の抜けを抑えることで、より、奥行き感を演出。家の顔である玄関スペースに高級感を創出しました。LDKをより広く取るために、2階リビングのプランのサニタリースペースは、1階に配することが多くなります。M邸も例外なく1階にサニタリースペースを配置しましたが、洗濯・物干し・取り込みたたむ・ 寝室(収納)の動線を最短となるよう設け、LDKとサニタリースペースが離れるというデメリットをこえる、メリットを得ることに成功しました。

PAGE TOP