【街中×中庭】広大な中庭を中心に設けた、街中で自然を感じることができる|広島市

目次

エピソード

Nさんご夫婦との出会いは建物完成より遡ること5年。何となく見て回られていた展示場巡りの時。そこから3年が経ち、何気なく新興団地のモデルハウスのオープニングイベントにご来場されていた時、1日間のみそのイベントにヘルプに入った私を偶然にご夫婦が見つけられ、お声がけ頂いたことが事の始まりでした。
「これもご縁ですね!」ということで、具体的な建て替えのプランニングのご依頼を頂くことに。数社でのコンペティションになりました。
ただ、ここで問題が。古い街中でよくある「境界問題」。プランニングを中断し、その問題の解決に更に1年を要することになります。
境界問題が解決した段階で私どものプランニングへの信頼を頂き、コスト調整を行いつつ家づくりのご依頼を正式に頂けることとなりました。建物が完成してお引渡しの時点で出会いから5年、

あの時の偶然が無かったら、この家が完成してしてないかった…そうなったらどうなっていたことやら…

と喜びの声を頂くことができ、私自身とっても幸せな気持ちになれた家づくりです。

Nさんからのご要望

特にご主人はしっかりと自身で知識を付けて頂いており、ご要望は具体的です。

箱型の家。シンメトリーが好ましいです。広いLDKでモノをなるだけ見せないように。
生活感を排除したいです。私の趣味部屋に、奥さんの部屋が…。

といった具合いです。

敷地の状況

「大きな通りから1本入っているものの抜けているため見えてしまい、街中ゆえにいつ周囲に背の高い建物が建つか分からない周辺環境・100坪くらいはあるものの現に東側には3階建ての大きな建物があり視線が気になる・前面道路は砂利道・旧家は築50年以上。」
現況は、南側隣地は2階建てですがとても古く、いつ背が高い建物に建て替わるか分からない状況。4方向からに加えて上方からの視線があり、広い土地を活かした庭のある家にしようとしても、どうやっても周囲からの視線を切ることができません。

設計コンセプト

広い土地の場合、ついついセオリー通りの外に開く家としがちですが、4方に背の高い建物があるため、街中住宅の「外に閉じて内に開く」家をベースに考えます。

具体的には、

① 奥側(東面)に背の高い建物があるので、LDK空間を東側に配置して南側~南西側からの採光計画とする。
② コの字プランとして広い中庭を設け、それを取り囲むようなプランニングとする
③ 南側隣家には窓がなく正面からの視線は無いため、縦格子を設けて中庭への視線をカットする

という感じで、中庭を中心とした家づくりを行います。

外観デザイン

完全な箱型で、できる限りシンメトリーとなる外観デザインをご希望されたので、パラペットを立ち上げてフラットな屋根形状に。外部からの視線をカットするために、アルミの縦格子を2面に計3つ取り付けました。


採光用の最低限の窓以外は外から伺うことはできません。

インテリア


主役は15帖にも及ぶ中庭空間。家族で鍋を楽しんだり大学生の娘さんの憩いのスペースになったりと、早くも色々と活用されているそう。


玄関を入った瞬間、眼前に広がる景色。ホテルライクな白い鏡面の床と木目とタイル壁が良く合う。

室内はモノトーンカラーでまとめたおかげで、対比効果で中庭の木目が映える。


まるで絵画のように「魅せる」空間となるようデザインを施した廊下。


スリムでスタイリッシュな形状の鉄骨階段。


旦那さんの憩いのスペース。以前は休日は殆ど出かけていたけれど、新居が完成して家で過ごされることがホントに多くなったそう。

まとめ

軒の深い、15帖にも及ぶ中庭空間を主役とした家づくりです。外部からは「」に見えますが、一たび玄関に入ると様々な表情が現れる二面性がある家です。
私自身としても、持てる力と知識を総動員して120%の力で取り組ませて頂いたお宅で、プランナーの力も100%以上引き出して、色々な新しい試みもご提案させて頂きましたし、それを許して頂けるお施主さんでもあり、コラボ効果でとっても良い住まいになったと思います。

DATA

完成年月2021.09
敷地面積(分筆後)238.75㎡72.22坪
延床面積205.87㎡62.27坪
家族構成夫婦 + 子ども2人
工法重量木骨工法J-WOOD工法
内装(装飾)さらし階段エコカラット
床材DAIKEN|ハピアフロア合板フローリング
その他LIXIL|リシェルSIダイノックシート

PHOTO GALLERY

家づくりのご相談

    必須 ご相談内容

    ご相談資料・カタログ請求お問合せその他

    必須 お名前

    必須 メールアドレス

    必須郵便番号

    必須都道府県

    必須ご住所

    必須お電話番号

    任意ご予算

    任意建築予定地の有無

    必須メッセージ本文

     

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!

    この記事を書いた人

    住宅の基本設計と営業をする人|失敗しない家づくりのコツを発信|たまに写真や日常について|職歴:地場HM(大手HM・設計事務所勤務経験有)|実績:建築150棟・内基本設計100棟|1棟1棟丁寧に家づくりをさせて頂いております|間取り相談や家づくり・住まいについてのご相談は気兼ねなくご連絡下さい。

    コメント

    コメントする

    目次