リビングの壁アイデア|アクセントはテレビを置く側の壁に設けるのが基本

こんにちは! T.Nakataです!

リビングの壁、ことさらテレビをTく側の壁にアクセントを設けると、シンプル過ぎる空間に変化を設けることができます。

アクセントクロスを設けるだけでも十分効果はありますが、質感を変えたり間接照明を設けると、より変化を楽しむことができます。

また、逆に装飾を抑え、白壁を際立たせる、と言う考えもアリ。LDKが単調な空間にならないようにちょっとした工夫を加えてみては如何でしょうか?

目次

木板貼り

無垢の床材を用いた空間には、木板貼りの壁もおススメ。 最近のプリント技術が発達しているとは言え、本物の木と「偽物の木」が連続すると不自然になる可能性があるので注意が必要。 羽目板などを貼るとアクセントになります。

エコカラット+間接照明+窓

窓と間接照明の幅をあえて不均等にしてアシンメトリーに貼ったエコカラットが印象的な壁。逆光でテレビが見にくくなるのを防ぐために、間接照明は一度壁に当てて反射光を用いる手法。

因みに、エコカラットを広い面積に貼る場合は、大判の柄を用いると高級感が出て〇。

水平方向を強調する

吹抜けがあるリビングは、空間が縦方向に間延びしがち。そこで、水平方向を強調するように、1階部分の壁のみにエコカラットを貼りました。1階の天井高ピッタリにおさまるようにエコカラットの割り付けに工夫を設けています。

景観を取り込む

ハイサイドライト(高天窓)を設けて緑と空を取り込んだケース。常に自然を感じます。設けたのはネイビーのアクセントクロス。全体的に落ち着いた雰囲気に。

コーニス照明

凹凸のハッキリとしたアクセント壁を用いる場合、コーニス照明を組み合わせると影が出るのでより印象的になります。

ただし、テレビが見えにくくなる可能性があるので光量や光の角度に注意が必要です。

開口部を利用して白壁を強調

アクセント壁とするだけがデザインではありません。白壁を強調するように、開口部を用いて凹凸のあるシルエットにする手法も。無垢の床材の表情の豊かさが際立ちます。

まとめ

リビングの壁は家の中でこだわりのポイントにされる方が多いところ。家の満足度がグッと上がる所なので、コストがかかってもこだわりたい!と言われる方は多いです。 エコカラットや板張りのように質感をアップさせる手法だけでなく、壁の凹凸を利用した白壁を強調する、コストがかからないアクセントの取り方も含めて検討してみてはいかがですか?

家づくりのご相談

家づくりに関するご質問・ご相談は気兼ねなくご相談下さい。(広島・山口県岩国エリアの方につきましては、家づくりのプランニングのご依頼も承ります)

    お名前必須

    メールアドレス必須

    郵便番号必須

    〒  -

    ご住所

    TEL必須

    ご相談内容任意

    ご相談・お問い合わせの内容をお書きください。

    記入内容をご確認の上、よろしければチェックして下のボタンをクリックして下さい。

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!

    この記事を書いた人

    住宅の基本設計と営業をする人|失敗しない家づくりのコツを発信|たまに写真や日常について|職歴:地場HM(大手HM・設計事務所勤務経験有)|実績:建築150棟・内基本設計100棟|1棟1棟丁寧に家づくりをさせて頂いております|間取り相談や家づくり・住まいについてのご相談は気兼ねなくご連絡下さい。

    コメント

    コメントする

    目次