付ける?付けない?箱型のシンプルモダン・デザインの家の外観の軒の出

家づくり知恵袋

シンプルモダンな家と言えば、軒ゼロの箱型の家をイメージされる方も多いと思います。しかし、軒を設けることで水平ラインを強調し、重厚感のある外観デザインに変化させることもできます。

もちろん、軒ゼロの潔さを感じるスッキリとした箱型の外観デザインもオシャレですよね。甲乙つけがたいですが、軒ゼロの家の方が誤魔化しが効かないので、多少難易度が高い印象です。

本校では、シンプルモダンな外観の中で軒の出がある家の事例をご紹介致します。

 

余計な付加物はファサード面に出さない

余計な付加物=雨樋(軒樋)はなるだけ、外観の顔になる面には出てこないようにしましょう。スッキリとしたフォルムが魅力なシンプルモダン・スタイルにおいて大事なポイントです。

 

片流れ屋根

シンメトリにならない片流れ屋根は、外観デザインの難易度高め。屋根の勾配と軒の出の長さに注意を払う必要があります。

 

袖壁と軒の出

袖壁と軒の出の組み合わせは、箱型の家の外観デザインに凹凸感を生み、メリハリをつけることができます。

また、基本的には四角い箱の一部を切り取るイメージです。縦と横の長さのバランスが大事です。

 

片流れ屋根と箱の組み合わせ

片流れ屋根と箱の組み合わせは相性抜群。基本的には、片流れ屋根の背の高い側に箱を組み合わせるとバランスが良い。

 

まとめ|シンプルモダン×軒の出

一般的に、シンプルモダンの外観デザインは軒ゼロでスッキリとした家が多いですが、軒の出を組み合わせることで、重厚感のある外観デザインとすることができますし、雨漏りリスクを低減できるなど機能的なメリットもあります。

 

家づくりのご相談

家づくりに関するご質問・ご相談は気兼ねなくご相談下さい。(広島・山口県岩国エリアの方につきましては、家づくりのプランニングのご依頼も承ります)

    お問合せはこちらよりお願いします

     

     

    Takashi Nakata

    Takashi Nakata

    住宅の基本設計と営業をする人|失敗しない家づくりのコツを発信|たまに写真や日常について|職歴:地場HM(大手HM・設計事務所勤務経験有)|実績:建築150棟・内基本設計100棟|1棟1棟丁寧に家づくりをさせて頂いております|間取り相談や家づくり・住まいについてのご相談は気兼ねなくご連絡下さい。

    関連記事

    特集記事

    コメント

    この記事へのコメントはありません。

    Takashi Nakata

    Takashi Nakata

    住宅の基本設計と営業をする人|失敗しない家づくりのコツを発信|たまに写真や日常について|職歴:地場HM⇨大手HM⇨設計事務所⇨地場HMに出戻り|実績:建築150棟・内基本設計100棟|1棟1棟丁寧に家づくりをさせて頂いております|間取り相談や家づくり・住まいについてのご相談は気兼ねなくご連絡下さい。

    ランキング

    1. 1

      失敗確定!?間取りの要望を伝える時にやってはいけないこと3選

    2. 2

      失敗必至!?土地探しで失敗する鉄板パターン3選|家づくりの土地探し

    3. 3

      プランニングを行う手順|家づくりのプラン(間取り)作りは何から考える?

    4. 4

      家づくりの間取りづくりの第一歩|窓計画のチェックポイント

    5. 5

      気をつけたいウッドデッキの貼り方向|屋内と屋外の方向を合わせるのが基本です

    6. 6

      LDKの照明の色はなるべく揃える|統一感のある印象に必須の考え方

    7. 7

      キッチンの天井を下げる|下がり天井でインテリアの質感アップ&意識的効果アリ

    8. 8

      「本当に必要?それとも要らない?」|新築に不要なモノ ベスト3

    9. 9

      意外と難しいエコカラットプラスの割付|1枚が大きい柄は特に気をつけましょう

    10. 10

      1階に寝室がある間取り|1階生活完結型のプランが人気です

    最近の記事 特集記事
    1. 北側の柔らかい光を利用して景色を取り込む|大開口窓の逆転の発想?

    2. 間取り(プラン)作りで失敗する「鉄板パターン」|伝言ゲームの闇を深掘り

    3. 失敗確定!?間取りの要望を伝える時にやってはいけないこと3選

    1. 改めての自己紹介|当ブログを更新する目的についてもご紹介させて頂きます!

    2. 【街中×中庭】広大な中庭を中心に設けた、街中で自然を感じることができる|広島市

    3. 【中庭×併用住宅】中庭のある事務所併用が可能な自邸|安芸郡

    TOP