何となく住宅展示場…をおススメしないもう1つの理由|選択肢を自ら狭めてしまう結果に?

最近ではSNSの影響か「何となく住宅展示場へ!」と言う方は減ってきました。事前にSUUMOのようなポータルサイトでどのような住宅会社があるのか?を調べ、どのような家が良いのか?を企業ホームページやブログ・YouTubeなどで情報収集した後に、気になる会社を絞ってから展示場へ…。と言った流れが多いように感じます。

最初にコンタクトした人間が自動的に担当者になってしまうということ、人気の営業マンは中々展示場で出会うことが難しいことも「何となく展示場」を避けたい理由です。

担当者ガチャをくぐり抜ける方法|良し悪しではなく「合う合わない」を基準に考える

加えて、もう1つ「何となく展示場」をおススメしないもう1つの大きな理由があります。

それは…

 

住宅展示場の営業マンは展示場内しか気にしてない?

住宅展示場には、10~20社のモデルハウスが建ち並びます(都市部ではもっと多いことも?)。しかしながら、住宅展示場に入っている会社は、「大手ハウスメーカー」「地場ハウスメーカー(大手工務店)」「ローコストメーカー(の一部)」がほぼほぼで、中小工務店や設計事務所、殆どのローコストメーカー、建売住宅会社は住宅展示場に入っていません。

「何となく住宅展示場」に足を運ばれる方の行動パターンは、大概こういった感じです。

① ざざっと外から見て回って、気になったモデルハウスを4~5棟見てみる。
② その中で気になった1~3社に間取りを作ってもらって見積もりを取る。
③ 契約する➡建築する。

または、こういった感じです。

① 全てのモデルハウスをざざっと見て回る。
② 気になった2~5社程度から間取りと見積もりを作ってもらう。
③ 会社を決めて契約する➡建築する。

…どちらも×です。

住宅展示場の中の会社だけを検討するという事は、住宅展示場に出店していない住宅会社を検討しないで(比較しないで)決めてしまう…ということで選択肢の幅を狭めてしまう結果になってしまいます。

 

営業マンも他社商品には意外と無知…

住宅展示場の営業マンは、殆どの方はこういった感じで「トーク」を展開します。

・ 自社の強みは「これ!」
・ 展示場に出店しているメーカーは安心!逆に出店できない会社は不安!
・ なので、展示場に出店している会社の中だけで検討して決めましょう!
・ 因みに、展示場の中で弊社は一番〇〇です!

 決して営業マンはこの中で「嘘」はついていません。自社に有利な情報を誇張し、不利な情報は話さない。これだけです。

それを、住宅営業マンはそのようなトークを極めるように訓練されていますし、会社的には間違いではないのですが、これを色々な会社から説明を受けるお客さまはパニックです。

「誰の話が本当なの!」となると思いますが、「全員の話が本当」ということもあり得るので、たちが悪いです(苦笑)

ただ、こう言ったトークを展開するには、ある大きな理由があります。 それは、

住宅営業マン、意外に他社商品の情報には疎い問題

「自社商品が一番!」と言っている割に、他社商品については結構無知な方が多いです。 当然、展示場に入っていない住宅会社の情報については殆ど持っていない…という方も結構な割合でいらっしゃいます。

 

例えば、住宅展示場を持っている会社が安心であることは事実ですが、安全であるとは限りません

私が昔務めていた「中堅大手ハウスメーカー」は広島から撤退して現在も広島に支店はありません。新興団地での住宅展に出展する約30社の中で1~2番人気を誇る会社が「住宅部門は」絶好調の中、社長が夜逃げ?で事業停止。ということも最近ありました。

話が反れましたが、私自身、これまで関わったことのある会社の社風や商品、価格や営業・設計の質などは分かりますし、大手・地場・工務店・設計事務所いずれの情報にも明るい方ですが、それでもやはり持っている情報は限定的です。

住宅会社は無数にあります。

大手ハウスメーカーよりも、「デザイン性に優れ・耐震性や断熱性能も高く・安価」な工務店さんも広島県内に幾つかあります。(私が以前勤めていた工務店もこのグループでしたが、特徴がハッキリしている分、万人受けはしません。しかし「バッチリ合う」方にとってもとても良い選択肢になる工務店でした)

 

まとめ

フラットな目で、色々な会社の情報を収集し、精査し、その上で気になった住宅会社に効率よくコンタクトする。

そういった流れが、今時なこのご時世に必要になる家づくりの進め方ではないかと思います。

 

家づくりのご相談

家づくりに関するご質問・ご相談は気兼ねなくご相談下さい。(広島・山口県岩国エリアの方につきましては、家づくりのプランニングのご依頼も承ります)

    お問合せはこちらよりお願いします

    Takashi Nakata

    Takashi Nakata

    住宅の基本設計と営業をする人|失敗しない家づくりのコツを発信|たまに写真や日常について|職歴:地場HM(大手HM・設計事務所勤務経験有)|実績:建築150棟・内基本設計100棟|1棟1棟丁寧に家づくりをさせて頂いております|間取り相談や家づくり・住まいについてのご相談は気兼ねなくご連絡下さい。

    関連記事

    特集記事

    コメント

    この記事へのコメントはありません。

    Takashi Nakata

    Takashi Nakata

    住宅の基本設計と営業をする人|失敗しない家づくりのコツを発信|たまに写真や日常について|職歴:地場HM⇨大手HM⇨設計事務所⇨地場HMに出戻り|実績:建築150棟・内基本設計100棟|1棟1棟丁寧に家づくりをさせて頂いております|間取り相談や家づくり・住まいについてのご相談は気兼ねなくご連絡下さい。

    ランキング

    1. 1

      【街中×中庭】広大な中庭を中心に設けた、街中で自然を感じることができる|広島市

    2. 2

      2021年お引渡し物件振り返り|2022年新年あけましておめでとうございます!

    3. 3

      意外と難しいエコカラットプラスの割付|1枚が大きい柄は特に気をつけましょう

    4. 4

      建売住宅はなぜ安くできるのか?|意外に注文住宅と内容は違わない??

    5. 5

      小上がり和室の考え方|ポイントは「座って居心地が良い」空間づくり

    6. 6

      長い間売れていない土地を買っても良い?それともダメ?|土地探しの基本について

    7. 7

      【中庭×併用住宅】中庭のある事務所併用が可能な自邸|安芸郡

    8. 8

      土地の購入と建物の計画の順番は?|総額が分かってから土地を購入すべきです

    9. 9

      キッチンの天井を下げる|下がり天井でインテリアの質感アップ&意識的効果アリ

    10. 10

      LDKの照明の色はなるべく揃える|統一感のある印象に必須の考え方

    最近の記事 特集記事
    1. 「本当に必要?それとも要らない?」|新築に不要なモノ ベスト3

    2. 玄関スペースの影の主役?|上り框の役割と素材とおさまり実例

    3. キッチンのワークトップ(天板)6種類のメリット・デメリット

    1. 改めての自己紹介|当ブログを更新する目的についてもご紹介させて頂きます!

    2. 【街中×中庭】広大な中庭を中心に設けた、街中で自然を感じることができる|広島市

    3. 【中庭×併用住宅】中庭のある事務所併用が可能な自邸|安芸郡

    TOP