和室は重心を低くすると落ち着いた雰囲気に|背が高い窓だけが正義ではないです

最近は、和室…ことに続き間までしっかりと取られたり、縁側をつくられるお宅は減ってきています。

和室を設けられても、リビングに併設している和室という形態が一般的になってきています。

LDKで寛いでいるちょっとした時にゴロンと横になったり、小さなお子さんがいらっしゃったら寝かしつけスペースとしたり、お子さんの遊び場として使用したりと、部屋として使うというよりもスペースとして使う方が多い印象です。

 

和室は座って使う部屋

当然ですが、和室にはタタミを敷いてありますタタミが敷いてあるということは、テーブルを置いて椅子に座ったり、ソファを置いたりせず、タタミに(座布団を敷いて)座って使います。なので、自然と「LDKや洋室よりも視線が低くなります」。

 

和室は視線を調整すると心地良い空間になる

そこで、「和室に座った時の視線をLDKの高さに近くする➡小上がりにする」か、「和室の重心を下げる」ことを考えます。

一般的に多いのは、「小上がりにする」方法です。

注意点は、バリアフリーにならないので、ルンバが掃除してくれなくなりますし、和室からお庭に出る時の段差が大きくなるため、どうやって調整つけるかが悩みどころになります。

 

和室の重心を下げる方がおススメ

私は、和室の重心を下げることをおススメしています。

具体的には、掃出し窓の高さを洋室よりも低く抑え、意図的に視線を下げます。和室とリビングの間仕切りを絞ってどことなく空間を分ける(心理的な距離感)をつくることもあります。

本来、和室はそこまで直射を必要としませんので、開口部を絞って落ち着いた雰囲気とする方向性で検討します。

和室 ⇔ デッキの繋がり。

上下開口を分けて下部の窓を雪見障子的な使い方ができるように。開口を絞って落ち着いた雰囲気とする目的も。

 

まとめ

今回ご紹介のテクニックは、建物の建築コストは殆ど上がりませんが和室(タタミスペース)をとても豊かな空間に変容させてくれます。和室(タタミスペース)をどのように使うか?を検討して、どのような雰囲気の和室とするかよく検討するようにしましょう。

 

家づくりのご相談

家づくりに関するご質問・ご相談は気兼ねなくご相談下さい。(広島・山口県岩国エリアの方につきましては、家づくりのプランニングのご依頼も承ります)

    お問合せはこちらよりお願いします

    Takashi Nakata

    Takashi Nakata

    住宅の基本設計と営業をする人|失敗しない家づくりのコツを発信|たまに写真や日常について|職歴:地場HM(大手HM・設計事務所勤務経験有)|実績:建築150棟・内基本設計100棟|1棟1棟丁寧に家づくりをさせて頂いております|間取り相談や家づくり・住まいについてのご相談は気兼ねなくご連絡下さい。

    関連記事

    特集記事

    コメント

    この記事へのコメントはありません。

    Takashi Nakata

    Takashi Nakata

    住宅の基本設計と営業をする人|失敗しない家づくりのコツを発信|たまに写真や日常について|職歴:地場HM⇨大手HM⇨設計事務所⇨地場HMに出戻り|実績:建築150棟・内基本設計100棟|1棟1棟丁寧に家づくりをさせて頂いております|間取り相談や家づくり・住まいについてのご相談は気兼ねなくご連絡下さい。

    ランキング

    1. 1

      【街中×中庭】広大な中庭を中心に設けた、街中で自然を感じることができる|広島市

    2. 2

      2021年お引渡し物件振り返り|2022年新年あけましておめでとうございます!

    3. 3

      意外と難しいエコカラットプラスの割付|1枚が大きい柄は特に気をつけましょう

    4. 4

      建売住宅はなぜ安くできるのか?|意外に注文住宅と内容は違わない??

    5. 5

      小上がり和室の考え方|ポイントは「座って居心地が良い」空間づくり

    6. 6

      長い間売れていない土地を買っても良い?それともダメ?|土地探しの基本について

    7. 7

      【中庭×併用住宅】中庭のある事務所併用が可能な自邸|安芸郡

    8. 8

      キッチンの天井を下げる|下がり天井でインテリアの質感アップ&意識的効果アリ

    9. 9

      土地の購入と建物の計画の順番は?|総額が分かってから土地を購入すべきです

    10. 10

      LDKの照明の色はなるべく揃える|統一感のある印象に必須の考え方

    最近の記事 特集記事
    1. 「本当に必要?それとも要らない?」|新築に不要なモノ ベスト3

    2. 玄関スペースの影の主役?|上り框の役割と素材とおさまり実例

    3. キッチンのワークトップ(天板)6種類のメリット・デメリット

    1. 改めての自己紹介|当ブログを更新する目的についてもご紹介させて頂きます!

    2. 【街中×中庭】広大な中庭を中心に設けた、街中で自然を感じることができる|広島市

    3. 【中庭×併用住宅】中庭のある事務所併用が可能な自邸|安芸郡

    TOP