子ども部屋の広さはどれくらいが良い?|大きく2パターンの考え方で決めましょう

ひと昔前までは、子ども部屋の広さは収納別で6帖以上!というご要望が多く、最近では収納別で4.5帖くらいは!という傾向があります。6帖はベッドと机とチェストやテレビが置けるくらいで、4.5帖はベッドと机を置いて少しだけ余裕があるくらいなので人気です。

ただ、子ども部屋については2つの大きな考え方によって適切な広さが大きく変わってきますし、その考え方に則って他のスペースと一緒に考えるべきなので、注意が必要です。

子ども部屋の広さを決める上での2つの考え方

子ども部屋の広さを決める上で、親御さんのお子さんへの教育方針が大きく関わってきます。すなわち、

① 子どもの自立性重視
② 家族のコミュニケーション重視

の2種類の考え方です。

 

① 子どもの自立性重視 ➡ 6帖以上

子ども部屋の中で生活が完結するようにして、自立性を高めたい」という教育方針の親御さんがいらっしゃいます。お子さんの友人をお子さんの部屋に招いたり…も想定します。この場合、勉強机・ベッド・テレビ・チェストなどを最低限置くことになりますので、収納別で最低6帖は必要になります

 

② コミュニティ重視 ➡ 4.5帖以下

子ども部屋は寝るのみ。勉強や遊ぶ時間はリビングや共用スペースで」というコミュニティ重視の家づくりです。居室はなるだけ居心地を悪くします。最低限ベッドが置ければ良いので3帖くらいでも大丈夫ですが、「狭すぎる」と抵抗がある場合はもう少し広く…最大でも4.5帖に抑えるようにしましょう。

 

まとめ|「収納込みで6帖」は中途半端!?

以上のように、2つのパターンに分類すると、収納別で6.0帖以上もしくは4.5帖以下にするのが望ましいです。つまり、一番無難なご要望…「収納込みで6帖」つまり、約5.0帖~5.4帖という子ども部屋はどちらの用途にも合わない中途半端な部屋であると言えます。

「図面上4.5と書くと狭く感じられるから」という後ろ向きな理由で5.0帖~5.4帖くらいの子ども部屋を作りがちですが、何となくのイメージではなく、子ども部屋の用途をしっかり考えて広さを検討して下さい。

 

お問合せ

    お問合せはこちらよりお願いします

    Takashi Nakata

    Takashi Nakata

    住宅の基本設計と営業をする人|失敗しない家づくりのコツを発信|たまに写真や日常について|職歴:地場HM(大手HM・設計事務所勤務経験有)|実績:建築150棟・内基本設計100棟|1棟1棟丁寧に家づくりをさせて頂いております|間取り相談や家づくり・住まいについてのご相談は気兼ねなくご連絡下さい。

    関連記事

    特集記事

    コメント

    この記事へのコメントはありません。

    Takashi Nakata

    Takashi Nakata

    住宅の基本設計と営業をする人|失敗しない家づくりのコツを発信|たまに写真や日常について|職歴:地場HM⇨大手HM⇨設計事務所⇨地場HMに出戻り|実績:建築150棟・内基本設計100棟|1棟1棟丁寧に家づくりをさせて頂いております|間取り相談や家づくり・住まいについてのご相談は気兼ねなくご連絡下さい。

    ランキング

    1. 1

      【街中×中庭】広大な中庭を中心に設けた、街中で自然を感じることができる|広島市

    2. 2

      意外と難しいエコカラットプラスの割付|1枚が大きい柄は特に気をつけましょう

    3. 3

      建売住宅はなぜ安くできるのか?|意外に注文住宅と内容は違わない??

    4. 4

      2021年お引渡し物件振り返り|2022年新年あけましておめでとうございます!

    5. 5

      キッチンの天井を下げる|下がり天井でインテリアの質感アップ&意識的効果アリ

    6. 6

      失敗しがちな目隠しフェンスの高さ|外構計画単独で考えるとこんなことに!

    7. 7

      長い間売れていない土地を買っても良い?それともダメ?|土地探しの基本について

    8. 8

      LDKの照明の色はなるべく揃える|統一感のある印象に必須の考え方

    9. 9

      気をつけたいウッドデッキの貼り方向|屋内と屋外の方向を合わせるのが基本です

    10. 10

      小上がり和室の考え方|ポイントは「座って居心地が良い」空間づくり

    最近の記事 特集記事
    1. 【外構×見積もり】単価で知る!!外構工事の見積もり金額の目安

    2. 失敗確定!?間取りの要望を伝える時にやってはいけないこと?

    3. 【CAFE STYLE×雑貨・グリーン】「お気に入り」に囲まれた生活を愉しむ家|広島市

    1. 改めての自己紹介|当ブログを更新する目的についてもご紹介させて頂きます!

    2. 【街中×中庭】広大な中庭を中心に設けた、街中で自然を感じることができる|広島市

    3. 【中庭×併用住宅】中庭のある事務所併用が可能な自邸|安芸郡

    TOP