実際の広さ以上に空間を広く魅せる方法|家づくりテクニック

最近は、建物や土地、その他諸々の価格が上がってきました。また最近は、住宅の断熱性能も注目を浴びています。故に「コンパクト設計」が大事になります。
そこで「小さく建てて広く住まう」家づくりのプランニング(設計力)が重要になります。一見間取りは一緒でも空間の広さの感じ方はプランニング(設計力)は全然違ったものになります。

本稿では、実際の広さ以上に広く魅せる今すぐ使えるテクニックを7つご紹介します。

屋内外の天井(軒天)を揃える

屋内外の天井(軒天)の素材や高さを揃え、ハイサッシを用いて垂れ壁を設けず連続させることで、屋外を屋内空間に取り込むことができ、広く感じます。

 

ハイドア

床から天井まである「ハイドア」を用いることで、天井と扉の間に垂れ壁がなくなり、スッキリとした印象となり、広く感じます。コンパクトな空間の中に建具(扉)が沢山ある場合、とても有効です。ポイントは、「全ての建具の高さを天井までとする」ことです。

 

ハイサイドライト

天井付けの高い位置に設ける窓からは「空」が見え、カーテンレスのプランにできれば「抜け感」が演出でき、広く感じる空間となります。

 

天井に変化を付ける

屋根の勾配なりに天井を設ける勾配天井、吹抜け、ハーフ吹抜けなど、天井に変化をもたらすことで、床面積以上に広い空間とすることができます。

ハーフ吹抜け|建物の容積を増やさず小屋裏スペースを利用して開放感を得る

 

床の高さも揃える

天井と同じく、屋内外の床の高さや素材感を近づける(揃える)ことで、繋がり感が生まれ、広く感じます。

 

土間を用いる

リビングの一部を土間とすることで、相対的に天井高を高く見せることができ、広く感じます。この時、窓サッシを連窓にするなどして、床から天井までのハイサッシにするのを忘れずに。

 

インテリアは明るい色で

何より、明るい色でインテリアをまとめることで、 空間を広く感じることができます。 床・天井・壁・ドアと言った面積が広い要素に明るい色を選ぶことで、より広く感じます。

 

まとめ

如何でしょうか? 一つ一つは「当たり前じゃん!」と思われる項目だと思いますが、「いざプランニングをしよう!」と思った瞬間ではこういった「当たり前」の事が頭から抜け落ちてしまうことが多々あります。

一つ一つの項目は、そこまでコストアップになる事ではありませんので、「コンパクト設計」とあわせて取り入れてみては如何でしょうか?

 

家づくりのご相談

家づくりに関するご質問・ご相談は気兼ねなくご相談下さい。(広島・山口県岩国エリアの方につきましては、家づくりのプランニングのご依頼も承ります)

    お問合せはこちらよりお願いします

    Takashi Nakata

    Takashi Nakata

    住宅の基本設計と営業をする人|失敗しない家づくりのコツを発信|たまに写真や日常について|職歴:地場HM(大手HM・設計事務所勤務経験有)|実績:建築150棟・内基本設計100棟|1棟1棟丁寧に家づくりをさせて頂いております|間取り相談や家づくり・住まいについてのご相談は気兼ねなくご連絡下さい。

    関連記事

    特集記事

    コメント

    この記事へのコメントはありません。

    Takashi Nakata

    Takashi Nakata

    住宅の基本設計と営業をする人|失敗しない家づくりのコツを発信|たまに写真や日常について|職歴:地場HM⇨大手HM⇨設計事務所⇨地場HMに出戻り|実績:建築150棟・内基本設計100棟|1棟1棟丁寧に家づくりをさせて頂いております|間取り相談や家づくり・住まいについてのご相談は気兼ねなくご連絡下さい。

    ランキング

    1. 1

      【街中×中庭】広大な中庭を中心に設けた、街中で自然を感じることができる|広島市

    2. 2

      意外と難しいエコカラットプラスの割付|1枚が大きい柄は特に気をつけましょう

    3. 3

      建売住宅はなぜ安くできるのか?|意外に注文住宅と内容は違わない??

    4. 4

      2021年お引渡し物件振り返り|2022年新年あけましておめでとうございます!

    5. 5

      キッチンの天井を下げる|下がり天井でインテリアの質感アップ&意識的効果アリ

    6. 6

      失敗しがちな目隠しフェンスの高さ|外構計画単独で考えるとこんなことに!

    7. 7

      長い間売れていない土地を買っても良い?それともダメ?|土地探しの基本について

    8. 8

      LDKの照明の色はなるべく揃える|統一感のある印象に必須の考え方

    9. 9

      気をつけたいウッドデッキの貼り方向|屋内と屋外の方向を合わせるのが基本です

    10. 10

      小上がり和室の考え方|ポイントは「座って居心地が良い」空間づくり

    最近の記事 特集記事
    1. 【外構×見積もり】単価で知る!!外構工事の見積もり金額の目安

    2. 失敗確定!?間取りの要望を伝える時にやってはいけないこと?

    3. 【CAFE STYLE×雑貨・グリーン】「お気に入り」に囲まれた生活を愉しむ家|広島市

    1. 改めての自己紹介|当ブログを更新する目的についてもご紹介させて頂きます!

    2. 【街中×中庭】広大な中庭を中心に設けた、街中で自然を感じることができる|広島市

    3. 【中庭×併用住宅】中庭のある事務所併用が可能な自邸|安芸郡

    TOP