延床面積別・家の大きさのイメージ比較|74.80㎡(22.62坪)~108.57 ㎡(32.84 坪)

昨日「最近は建物の延床面積が小さくなってきています」とお伝えしました。

小さく建てて広く使う|プランナーの能力によって1割は広さをダイエットできます

私個人としては、30坪前後の延床面積のお宅をプランニングさせて頂くことが多いですが、「実際どのくらいの面積だとどれくらいの建物になるの?」と疑問に思われる方も多いと思いますので、少しだけ実例を交えながらご説明致します!

(WEB上に間取りまでは掲載することができませんので、ご了承下さい。 ※個別にご相談下さい。)

 

延床面積|70㎡-80㎡

70㎡台の場合、「絶対に必要なもの」を中心に物事を組み立てていく必要があります。更に、色々な「機能を兼ねる」ことを考えて部屋数や間仕切りを減らすことを最優先に考えます。

一般的なお宅に比べて遥かにコンパクトな74.80㎡(22.62坪)の家です。1LDK+ハーフビルトインガレージ+WIC。トイレはちゃんと2つあります。この方は、コストを最優先とされ、2人でお住まい頂くお宅ということで、攻めたプランになりました。

このくらいの大きさのお宅は、何が必要で何が不要かをしっかりと優先順位をつけて検討する必要があります。

 

延床面積|80㎡-90㎡

このくらいになってくると、色々とできることが増えてきます。

とは言え、一般的な3LDK-4LDKの間取りを入れるには厳しい側面もあるため、LDKスペースと玄関エリアを別のフロアとする…つまり2階リビングをベースに間取りを考えます(コンパクトな住まい=コンパクトな土地での計画のことが多いため、採光面でも小屋裏スペースの利用を考えても有利だからです)。上の写真のお宅は、83.84 ㎡(25.36 坪)のお宅。1LDK➡3LDKに間取り変更できるような工夫を凝らした家づくりでした。

思えば、ここ最近お引渡しの3棟はいずれも80~90㎡のグループに入っていました。

上のお宅は84.73 ㎡(25.63 坪)で、間取り的には普通に3LDK+吹抜けのお宅です。変形地のコンパクトな敷地でしたが、窓計画で明るく開放的な家です。

こちらも87.73 ㎡(26.55 坪)ですが、面積以上の大きさを感じる家ではないかと思いますが如何でしょうか?

思いっきり白飛びするくらい(撮影能力…汗)吹抜けから光が降り注ぐ、比較的オーソドックスな(?)間取りの家づくりでした。間取りは3LDK+吹抜け+広めの玄関(SIC付)+WIC。普通の間取りですね。

番外編として、78歳のお施主様のためにプランニングさせて頂いたお宅で、ディテールは至って普通なテイストですが、1.5階建(確認申請上は2階建)です。お施主様の身長に合わせた高さ150cmの蔵の上にお子さんが泊りに来られた時用のお部屋を備えている3LDKの間取りの82.25 ㎡( 24.88 坪)です。因みに、蔵の高さを140cm以下に抑えると延床75.62㎡の「平屋」の3LDKの家になります。

 

延床面積|90㎡-100㎡

少しコンパクトかなーと感じるくらいの面積です。部屋数か部屋の広さか?の選択によって方向性が変わってくる広さの家です。個人的には100㎡以下の間取りの場合はお施主さまと設計者(プランナー)の意思疎通がとても大事に感じます。

3LDK+趣味部屋=4LDKの95.88 ㎡(29.00 坪)の家づくり。過不足の無い大きさの家づくりが可能になります。

92.97 ㎡(28.12 坪)。3LDKとすれば、LDKも18帖以上と注文住宅の平均以上の広さのLDKも可能で、かなりゆったりとした玄関エリアの家づくりも可能となります。

こんな感じの広々とした玄関を取っても92㎡に抑えることができます。

ハーフ吹抜けなどを利用すれば想像以上にゆったりとしたスペースを取ることができる、プランナーの力が試される大きさの家づくりもこのカテゴリの家づくりの特徴です。上記写真のお宅は99.37㎡(30.05坪)の3LDK+ハーフ吹抜け+WIC+書斎スペース。

ちなみに平屋であれば、98.13 ㎡( 29.68 坪)もあれば4LDK+S(+トイレ2つ)+SICも可能だったりします。

 

延床面積|100㎡-110㎡

個人的にはこのカテゴリの家を一番多くプランニングさせて頂いているような気がします。

106.40 ㎡(32.18 坪) 3LDK

108.57 ㎡(32.84 坪)・4LDK(+吹抜け+中庭+土間)

107.65 ㎡(32.56 坪)・3LDK+トレーニングルーム+パントリールーム+ファミリークローク+広い玄関+吹抜け

広い玄関…。

このくらいの広さとなれば、多種多様な家づくりが自在になります。

 

まとめ

私個人的には90㎡~110㎡の家づくりの割合がとても多いです。このくらいの延床面積の家の場合、「とりあえず入れときますね」といった「無駄?」はなるだけ削ってお施主さまの「らしさ」をどう表現するか?に注力しつつ、お施主さまと設計者(プランナー)の二人三脚の家づくりが必要となる、絶妙な広さの家づくりになるケースが多いです。

なのでプランナー的にも、このカテゴリの家づくりはとても楽しかったりします。

 

家づくりのご相談

家づくりに関するご質問・ご相談は気兼ねなくご相談下さい。(広島・山口県岩国エリアの方につきましては、家づくりのプランニングのご依頼も承ります)

    お問合せはこちらよりお願いします

     

    Takashi Nakata

    Takashi Nakata

    住宅の基本設計と営業をする人|失敗しない家づくりのコツを発信|たまに写真や日常について|職歴:地場HM(大手HM・設計事務所勤務経験有)|実績:建築150棟・内基本設計100棟|1棟1棟丁寧に家づくりをさせて頂いております|間取り相談や家づくり・住まいについてのご相談は気兼ねなくご連絡下さい。

    関連記事

    特集記事

    コメント

    この記事へのコメントはありません。

    Takashi Nakata

    Takashi Nakata

    住宅の基本設計と営業をする人|失敗しない家づくりのコツを発信|たまに写真や日常について|職歴:地場HM⇨大手HM⇨設計事務所⇨地場HMに出戻り|実績:建築150棟・内基本設計100棟|1棟1棟丁寧に家づくりをさせて頂いております|間取り相談や家づくり・住まいについてのご相談は気兼ねなくご連絡下さい。

    ランキング

    1. 1

      【街中×中庭】広大な中庭を中心に設けた、街中で自然を感じることができる|広島市

    2. 2

      2021年お引渡し物件振り返り|2022年新年あけましておめでとうございます!

    3. 3

      意外と難しいエコカラットプラスの割付|1枚が大きい柄は特に気をつけましょう

    4. 4

      建売住宅はなぜ安くできるのか?|意外に注文住宅と内容は違わない??

    5. 5

      小上がり和室の考え方|ポイントは「座って居心地が良い」空間づくり

    6. 6

      長い間売れていない土地を買っても良い?それともダメ?|土地探しの基本について

    7. 7

      【中庭×併用住宅】中庭のある事務所併用が可能な自邸|安芸郡

    8. 8

      キッチンの天井を下げる|下がり天井でインテリアの質感アップ&意識的効果アリ

    9. 9

      土地の購入と建物の計画の順番は?|総額が分かってから土地を購入すべきです

    10. 10

      LDKの照明の色はなるべく揃える|統一感のある印象に必須の考え方

    最近の記事 特集記事
    1. 「本当に必要?それとも要らない?」|新築に不要なモノ ベスト3

    2. 玄関スペースの影の主役?|上り框の役割と素材とおさまり実例

    3. キッチンのワークトップ(天板)6種類のメリット・デメリット

    1. 改めての自己紹介|当ブログを更新する目的についてもご紹介させて頂きます!

    2. 【街中×中庭】広大な中庭を中心に設けた、街中で自然を感じることができる|広島市

    3. 【中庭×併用住宅】中庭のある事務所併用が可能な自邸|安芸郡

    TOP