建売住宅はなぜ安くできるのか?|意外に注文住宅と内容は違わない??

家づくり知恵袋

一般的に、建売住宅のイメージはどういったものでしょうか?

「安かろう悪かろう」という印象をお持ちの方が多いのではないでしょうか?

感覚的に、同じ場所に注文住宅を建築する場合と、建売住宅を購入する場合は、同じような建物を建築した場合、200~300万円くらい価格差が出るイメージです。

何故こんなに価格差が出てしまうのでしょうか? 実は、このよくある疑問には明確な答えがありますので、ご説明致します。

 

建売住宅が安い理由

建売住宅は材料の質が悪い、性能が低い、大工さんの腕が悪いのでは? という建物自体にネガティブな印象があるものの、「金額が安い」という魅力により「仕方ないか」という感覚で購入を検討される方も多いと思います。

では、どうやって建売住宅は安く建築しているのでしょうか?

 

土地の仕入れ価格が安い

建売住宅は、土地の仕入れを建売業者が行います。大規模な建売業者であればある程「広い土地をまとめて安く仕入れて、土地を造成・分割して販売する」ことができます。また、「土地や中古住宅を急いで販売したい方から、相場より低い価格で即金で買取を行って建売住宅を建築する」と言ったこともできます。「建売住宅がいくつも並ぶ街並み」は、こういった手法で安く仕入れを行なっているケースが多々あります。

新規分譲地の中に、1~2棟建売住宅が建築してあって、注文住宅用地と併売しているケースもあると思いますが、この時は建売住宅の土地価格を低めに設定して、注文住宅用地を割高にして建売住宅の安さを強調する…というケースもあります。

 

工期がとにかく短い

これもかなりコストに影響します。建売住宅は、「お施主様」がいらっしゃいませんので、不意な変更で工事がストップ…といったことが起こりません。そもそも、着工前のお打合せもありませんので、設計コストやコーディネートコストも安く抑えることができます。

「社員が設計しているなら一緒では?」と思われるかもしれませんが、注文住宅を年間12棟設計する設計士は、年間24棟以上建売住宅を設計することが可能ではないか?と思います。一度、建売住宅の計画が始まれば、注文住宅のように「やっぱり家を建てるのをやめます!」という事もなく歩留まりも良いので、実際はもっと差が出ると思います。

このように、着工までのコストを抑えることもでき、着工したらしたで、建売住宅は「工事の標準化(同じような間取り、同じような仕様の建物を建てること)」を行ったり、材料を大量一括発注することでコストを抑えることができます。

 

粗利率が低い

極論、建売住宅は完成して長期間販売が完了しないと、どんどん劣化していってしまいます。いわゆる「在庫化」してしまうことに。

よって、建物完成した瞬間は定価販売しますが、数カ月していくにつれ、どんどん値段は下がっていきます。 極論、土地+建物の原価よりも高く売れればOK…という感じな雰囲気になってきますので、建売住宅は完成後なるだけ時間がかかって…かつ他の方に買われてしまう直前くらいに購入できると、一番コスト的には得だった…と言えます(が、これが分かる人は神様以外存在しません 苦笑)

先述の通り、建売住宅の土地と建物の売主が同じという事は、住宅に加えて土地の利益もありますので、住宅の粗利率を低く設定しても大丈夫…という事になります。 つまり、注文住宅に比べて建売住宅は一般的に粗利率が低い、という事になります。

 

建売住宅の購入に合っている人

以上のように、建売住宅の購入は結構いい選択…という事も意外にあります。どんな方に建売住宅が合っているか、と言いますと…

土地最優先

これに尽きます。 建売住宅の契約は、売買契約です。 土地の購入も、売買契約です。 対して、注文住宅の契約は、請負契約です。

この差は、何か?  土地・建売住宅 = 完成品/モノ   注文住宅 = 一から作り上げる/コト  の差です。

(細かくは、また改めて…)

 

まとめ

建売住宅で「こだわりの家!」を建築してしまうのは、建売業者にとってもリスクが大きいので、「平均な家」を建築していることが多いです。凄くいい!という家は中々ないと思いますが、変わっているな…という家も少ないです。なので、家にこだわりがあまりなく、「とにかくこの場所に住みたい」「この場所で購入できるのは建売くらいしかない!」と言う方にとってはとても良い選択になると思います。

逆に、建売住宅を購入して後悔をされる方は「建物にこだわりがある方」「土地よりも建物…でもあまりお金を掛けたくないから建売で妥協」という方。

 

妥協の無い、間違いのない家づくりを目指しましょう。

 

家づくりのご相談

家づくりに関するご質問・ご相談は気兼ねなくご相談下さい。(広島・山口県岩国エリアの方につきましては、家づくりのプランニングのご依頼も承ります)

    お問合せはこちらよりお願いします

     

    Takashi Nakata

    Takashi Nakata

    住宅の基本設計と営業をする人|失敗しない家づくりのコツを発信|たまに写真や日常について|職歴:地場HM(大手HM・設計事務所勤務経験有)|実績:建築150棟・内基本設計100棟|1棟1棟丁寧に家づくりをさせて頂いております|間取り相談や家づくり・住まいについてのご相談は気兼ねなくご連絡下さい。

    関連記事

    特集記事

    コメント

    この記事へのコメントはありません。

    Takashi Nakata

    Takashi Nakata

    住宅の基本設計と営業をする人|失敗しない家づくりのコツを発信|たまに写真や日常について|職歴:地場HM⇨大手HM⇨設計事務所⇨地場HMに出戻り|実績:建築150棟・内基本設計100棟|1棟1棟丁寧に家づくりをさせて頂いております|間取り相談や家づくり・住まいについてのご相談は気兼ねなくご連絡下さい。

    ランキング

    1. 1

      失敗確定!?間取りの要望を伝える時にやってはいけないこと?

    2. 2

      失敗必至!?土地探しで失敗する鉄板パターン3選|家づくりの土地探し

    3. 3

      「本当に必要?それとも要らない?」|新築に不要なモノ ベスト3

    4. 4

      家づくりの間取りづくりの第一歩|窓計画のチェックポイント

    5. 5

      キッチンの天井を下げる|下がり天井でインテリアの質感アップ&意識的効果アリ

    6. 6

      気をつけたいウッドデッキの貼り方向|屋内と屋外の方向を合わせるのが基本です

    7. 7

      LDKの照明の色はなるべく揃える|統一感のある印象に必須の考え方

    8. 8

      意外と難しいエコカラットプラスの割付|1枚が大きい柄は特に気をつけましょう

    9. 9

      【街中×中庭】広大な中庭を中心に設けた、街中で自然を感じることができる|広島市

    10. 10

      1階に寝室がある間取り|1階生活完結型のプランが人気です

    最近の記事 特集記事
    1. 成功と失敗の分かれ道?|窓を取るべきか?壁を残すべきか?の判断基準

    2. 【快適動線×中庭】木質感と家族の雰囲気をいつも感じるアカシア無垢床材の家

    3. カーテンレスの生活のために!|道路からの視線を衝立壁でカットする

    1. 改めての自己紹介|当ブログを更新する目的についてもご紹介させて頂きます!

    2. 【街中×中庭】広大な中庭を中心に設けた、街中で自然を感じることができる|広島市

    3. 【中庭×併用住宅】中庭のある事務所併用が可能な自邸|安芸郡

    TOP