色々選択肢が増えてきたキッチンのワークトップ|セラミックやメラミンに注目!

家づくり知恵袋

近年、本当にキッチンのワークトップ(天板)の選択肢が増えました。 これまでは、ステンレスか?人工大理石か?タイルくらいしか選択肢がありませんでしたが、セラミックやメラミンという選択肢が入ってきました。

色も、基本的には「白」が多かったのですが、最近増えてきているのはグレーや黒。

それぞれのワークトップ(天板)の素材のメリットデメリットをご紹介します。

 

ステンレス

 

耐水性・耐熱性・耐久性に優れ、掃除もしやすく、長らくワークトップの主流だったステンレス。

ただし、細かいキズが付きやすいのがデメリット。そのため、表面に細かい凹凸をつけたエンボス加工を施した製品も。ステンレス加工が得意なのはクリナップさんやトーヨーキッチンさん。

キズが目立ちにくいコーティングや加工があるかないか?は結構重要な項目になるので、ワークトップやシンクにステンレスを用いる場合はステンレスの加工が得意な会社さんを中心に考えられるのが無難です。

 

人工大理石

デザイン性を取るなら人工大理石。耐久性や耐水性もあります。ただし、長らく使ううちに変色してくる可能性があるのが弱点。

更に、耐熱性は低いので、熱した鍋などを不用意に置いてしまうと変色してしまったりする可能性もあります。また、色素が濃いモノ(醤油など)をこぼして放置すると、シミが付いたりするので注意が必要です。

 

タイル

耐水性や耐熱性に優れるタイルも人気のワークトップの材料です。タイルの大きさや色やデザインで色々な表情を作ることができるので、個性的なキッチンを造ることができます。

弱点は、タイル目地が黒ずんでくること。鍋などを落とすと割れてしまうこと。定期的に蝋燭(ろうそく)を目地にすり込むとある程度汚れを弾いてくれます。

 

メラミン

キッチンハウスさんやグラフテクトさんの影響で最近注目を浴びているのが、メラミンカウンター。木目や石目など豊富なデザインラインナップで個性的。耐熱性や継ぎ目の加工精度などはメーカーによってそれぞれなので、注意が必要です。

 

セラミック

以前はLIXILさん一択だったセラミックトップ。現在ではクリナップさんでも採用可能です。熱・汚れ・キズに強く、長くキレイを保つことが可能な最強のワークトップ素材です。弱点は「価格」。まだまだ普及しているわけではないので、汎用的な人工大理石に比べて結構金額が高くなってしまうのがデメリットです。

 

まとめ

大多数のハウスメーカーが標準仕様として準備しているキッチンのワークトップは人工大理石ですが、キッチンはお風呂などとは違い、「躯体は」長らく使われる方が多いです。だからこそ、キッチン満足度を大きく左右するワークトップにこだわってみては如何でしょうか?

 

家づくりのご相談

家づくりに関するご質問・ご相談は気兼ねなくご相談下さい。(広島・山口県岩国エリアの方につきましては、家づくりのプランニングのご依頼も承ります)

    お問合せはこちらよりお願いします

     

    Takashi Nakata

    Takashi Nakata

    住宅の基本設計と営業をする人|失敗しない家づくりのコツを発信|たまに写真や日常について|職歴:地場HM(大手HM・設計事務所勤務経験有)|実績:建築150棟・内基本設計100棟|1棟1棟丁寧に家づくりをさせて頂いております|間取り相談や家づくり・住まいについてのご相談は気兼ねなくご連絡下さい。

    関連記事

    特集記事

    コメント

    この記事へのコメントはありません。

    Takashi Nakata

    Takashi Nakata

    住宅の基本設計と営業をする人|失敗しない家づくりのコツを発信|たまに写真や日常について|職歴:地場HM⇨大手HM⇨設計事務所⇨地場HMに出戻り|実績:建築150棟・内基本設計100棟|1棟1棟丁寧に家づくりをさせて頂いております|間取り相談や家づくり・住まいについてのご相談は気兼ねなくご連絡下さい。

    ランキング

    1. 1

      失敗確定!?間取りの要望を伝える時にやってはいけないこと?

    2. 2

      失敗必至!?土地探しで失敗する鉄板パターン3選|家づくりの土地探し

    3. 3

      「本当に必要?それとも要らない?」|新築に不要なモノ ベスト3

    4. 4

      家づくりの間取りづくりの第一歩|窓計画のチェックポイント

    5. 5

      キッチンの天井を下げる|下がり天井でインテリアの質感アップ&意識的効果アリ

    6. 6

      気をつけたいウッドデッキの貼り方向|屋内と屋外の方向を合わせるのが基本です

    7. 7

      LDKの照明の色はなるべく揃える|統一感のある印象に必須の考え方

    8. 8

      意外と難しいエコカラットプラスの割付|1枚が大きい柄は特に気をつけましょう

    9. 9

      【街中×中庭】広大な中庭を中心に設けた、街中で自然を感じることができる|広島市

    10. 10

      1階に寝室がある間取り|1階生活完結型のプランが人気です

    最近の記事 特集記事
    1. 成功と失敗の分かれ道?|窓を取るべきか?壁を残すべきか?の判断基準

    2. 【快適動線×中庭】木質感と家族の雰囲気をいつも感じるアカシア無垢床材の家

    3. カーテンレスの生活のために!|道路からの視線を衝立壁でカットする

    1. 改めての自己紹介|当ブログを更新する目的についてもご紹介させて頂きます!

    2. 【街中×中庭】広大な中庭を中心に設けた、街中で自然を感じることができる|広島市

    3. 【中庭×併用住宅】中庭のある事務所併用が可能な自邸|安芸郡

    TOP