複数人でキッチンで料理をする時便利な回遊プラン|アイランドキッチンも便利です

親子や夫婦やご友人と複数人でキッチンに立つことが良くある方には、複数人で作業してもストレスが溜まらないように気をつけましょう。人がすれ違えるように通路の幅を広くしたり、行き止まりのない回遊動線を設けることをおススメします。

 

アイランドキッチンで回遊動線を設ける

アイランドキッチンとは言葉の通り、調理台やシンクが「島」のように独立しているタイプのキッチンのことです。キッチンがどの面も壁に接していないスタイルなので、自然とキッチンのまわりに回遊動線ができます。キッチンの両端がオープンでどちらからでも出入りできるので、複数人が料理をしたり片付けを行っても動線が交差することなく、スムーズに家事ができます。因みに、調理台と壁面収納(カップボード)の間の通路は80cm~85cmくらいにすると、壁面収納(カップボード)の扉を開けたりするのにちょうど良く、かつ2人がすれ違ってもストレスが溜まりにくいです

 

ペニンシュラ(半島)キッチンに壁をつけて回遊動線を設ける

キッチンの横に壁を設けて、ペニンシュラキッチン”風”のアイランドキッチン。ダイニングからキッチンへのルートが2つあるのはアイランドキッチンと同じですが、アイランドキッチンと比べて手元を隠しやすかったり、コストを抑えることができたり、給湯器のリモコンを壁の裏に隠すこともできます。

 

部屋をまたいで回遊動線を設けることも

一見、単なるペニンシュラ(半島)キッチンに見えるこのお宅(我が家)。

実は、キッチンの奥にパントリー兼ファミリークロークがあり、キッチン⇔ファミリークローク⇔ダイニングをグルグル回れるようなプランにしています。回遊動線を確保しつつ家事動線も短縮、複数人(夫婦)での作業も効率的に。ただし、ファミリークロークも割合オープンなプランとなるので、「友人とは一緒に料理しないけれど、夫婦や親子では一緒に料理をする」という方におススメなレイアウトです。

 

まとめ

複数人で料理を作るスタイルの方は、回遊動線を設けることができるアイランドキッチンを第一候補に考えると良いでしょう。手元を隠したい…という方でも大丈夫です。

I型キッチンをアレンジして、手元を隠したアイランドキッチンとすることもできます。

また、「誰と一緒に料理をするか?」によって、回遊動線の大きさを調整していくと良いでしょう。

 

家づくりのご相談

家づくりに関するご質問・ご相談は気兼ねなくご相談下さい。(広島・山口県岩国エリアの方につきましては、家づくりのプランニングのご依頼も承ります)

    お問合せはこちらよりお願いします

    Takashi Nakata

    Takashi Nakata

    住宅の基本設計と営業をする人|失敗しない家づくりのコツを発信|たまに写真や日常について|職歴:地場HM(大手HM・設計事務所勤務経験有)|実績:建築150棟・内基本設計100棟|1棟1棟丁寧に家づくりをさせて頂いております|間取り相談や家づくり・住まいについてのご相談は気兼ねなくご連絡下さい。

    関連記事

    特集記事

    コメント

    この記事へのコメントはありません。

    Takashi Nakata

    Takashi Nakata

    住宅の基本設計と営業をする人|失敗しない家づくりのコツを発信|たまに写真や日常について|職歴:地場HM⇨大手HM⇨設計事務所⇨地場HMに出戻り|実績:建築150棟・内基本設計100棟|1棟1棟丁寧に家づくりをさせて頂いております|間取り相談や家づくり・住まいについてのご相談は気兼ねなくご連絡下さい。

    ランキング

    1. 1

      【街中×中庭】広大な中庭を中心に設けた、街中で自然を感じることができる|広島市

    2. 2

      2021年お引渡し物件振り返り|2022年新年あけましておめでとうございます!

    3. 3

      意外と難しいエコカラットプラスの割付|1枚が大きい柄は特に気をつけましょう

    4. 4

      建売住宅はなぜ安くできるのか?|意外に注文住宅と内容は違わない??

    5. 5

      小上がり和室の考え方|ポイントは「座って居心地が良い」空間づくり

    6. 6

      長い間売れていない土地を買っても良い?それともダメ?|土地探しの基本について

    7. 7

      【中庭×併用住宅】中庭のある事務所併用が可能な自邸|安芸郡

    8. 8

      土地の購入と建物の計画の順番は?|総額が分かってから土地を購入すべきです

    9. 9

      キッチンの天井を下げる|下がり天井でインテリアの質感アップ&意識的効果アリ

    10. 10

      失敗しがちな目隠しフェンスの高さ|外構計画単独で考えるとこんなことに!

    最近の記事 特集記事
    1. 「本当に必要?それとも要らない?」|新築に不要なモノ ベスト3

    2. 玄関スペースの影の主役?|上り框の役割と素材とおさまり実例

    3. キッチンのワークトップ(天板)6種類のメリット・デメリット

    1. 改めての自己紹介|当ブログを更新する目的についてもご紹介させて頂きます!

    2. 【街中×中庭】広大な中庭を中心に設けた、街中で自然を感じることができる|広島市

    3. 【中庭×併用住宅】中庭のある事務所併用が可能な自邸|安芸郡

    TOP