「本当に必要?それとも要らない?」|新築に不要なモノ ベスト3

このところ、建物の価格が急激に上がっています。これまでなら「どうせなら…」「何となく他の人が作っているから」という曖昧な理由で設けていたスペースが、コスト的に重く圧し掛かってきます。また、メンテナンスコストが嵩むモノにも注意が必要です。当たり前に感じるモノが本当に必要かしっかりと検討しましょう。

本稿では、以前なら「当然」と思われていたモノの中で「不要なのでは?」と再考する必要があるモノ3つをご紹介致します。

 

Best. 3 「何となく和室」

「旦那さんが長男で、将来確実に仏壇が来る」と言った明確な、必要な理由があれば問題ありません。ただ、殆ど使わない可能性もありますし、和室の分だけリビングが狭くなるので「何となくリビングの横に和室」を設けるのはおススメできません。

代わりに、リビングの一角に3帖くらいのタタミコーナーを設けるだけで、お子さんの寝かしつけのスペースにできたり、ちょっと休むスペースは確保することができます。

更に、そのタタミも置きタタミとすることで、タタミが必要な時期を過ぎたら除けて床に戻し、リビングを広々と使うことができます。

 

Best.2 布団を干すためだけ?の小さいバルコニー

注文住宅においては「バルコニーは不要」というご要望を頂くことが増えてきました。室内物干しご希望の方が増えてきた影響もありますが、コスト・お掃除・メンテナンス費用・防犯などのデメリットがあるバルコニーは、思い切って無くしてしまっても良いと思います。

「バルコニーがないと布団干せないじゃん?」と思われるかもしれませんが、窓の外に物干しバーをつけたり、窓自体にひっかけて干すことは可能です。布団や洗濯物を干すだけの小さなバルコニーの設置は、要検討をおススメします。

もちろん「大きなオープンバルコニーで眺望を楽しむ」とか「お庭だとプライバシーを保てないので、バルコニーを広く取ってお庭のかわりのスペースにする」と言った明確な目的があれば、積極的に大きなバルコニーを設けることをおススメします。

ここで注意が一つ。 「バーベキューを広いバルコニーで楽しむ!」というご要望は、「ホントに他にバーベキューができるスペースはないのか?」「ホントにそこでバーベキューするのがベストか?」を再確認しましょう。 例えば、(ウッド)デッキバルコニーの上でバーベキューをするとフロアにキズが沢山つきますし、焼けた炭や油汚れをしっかりと掃除する必要が出たり、排水溝が詰まらないように注意したりと、色々と手間がかかるので注意が必要だからです。

 

Best.1 要らない窓

「窓計画を見たら設計者のプランニング能力が分かる」と言われる程重要な「窓」。窓は、掃除が大変だったり、断熱性能が落ちたり、壁が綺麗に見えなかったりと、デメリットも多いです。「何となく窓がないと暗そう」とか「通風のために開けるかもしれないし…」という「保険」で窓を取ると逆に後悔する結果になることも多々あります。

最近、「お風呂に窓は不要」というご要望がSNS発信で増えてきています。

確かに、掃除する箇所が増えたり、断熱的に少し不利ですが「少しは陽光が入った方が落ち着く」という方もいらっしゃいます。 「ご自身にとってどうか?」をしっかりと検討して窓計画を行うようにしましょう。

 

まとめ

「リビングに接続した和室」「バルコニー」「窓」。以前は、当たり前のように取っていたこの3つ。建築コストが上がり続けている今この頃の注文住宅建築においては、思考停止でこの3つを(過剰に)取り入れたプランニングを行うと後悔を生む原因となります。

例えば和室、4.5帖のコンパクトな和室に押入や床の間を付けて合計6帖のスペースを取ったとします。坪数としては3坪、コスト的には100万円から150万円くらいでしょうか。

これだけあれば、家全体をフローリングから無垢の床にして、キッチンのワークトップをセラミックにして、1Fのトイレをネオレストにグレードアップしてもお釣りが来るかも?

「世間一般では当たり前」「何となく」で、ご本人にとって無用なモノを取り入れてしまうと、スペースとコストが無駄になってしまいますので、「何故〇〇が必要なのか?」を一つ一つ検討することが家づくりでは大事になります。

 

Takashi Nakata

Takashi Nakata

住宅の基本設計と営業をする人|失敗しない家づくりのコツを発信|たまに写真や日常について|職歴:地場HM(大手HM・設計事務所勤務経験有)|実績:建築150棟・内基本設計100棟|1棟1棟丁寧に家づくりをさせて頂いております|間取り相談や家づくり・住まいについてのご相談は気兼ねなくご連絡下さい。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

Takashi Nakata

Takashi Nakata

住宅の基本設計と営業をする人|失敗しない家づくりのコツを発信|たまに写真や日常について|職歴:地場HM⇨大手HM⇨設計事務所⇨地場HMに出戻り|実績:建築150棟・内基本設計100棟|1棟1棟丁寧に家づくりをさせて頂いております|間取り相談や家づくり・住まいについてのご相談は気兼ねなくご連絡下さい。

ランキング

  1. 1

    【街中×中庭】広大な中庭を中心に設けた、街中で自然を感じることができる|広島市

  2. 2

    意外と難しいエコカラットプラスの割付|1枚が大きい柄は特に気をつけましょう

  3. 3

    建売住宅はなぜ安くできるのか?|意外に注文住宅と内容は違わない??

  4. 4

    2021年お引渡し物件振り返り|2022年新年あけましておめでとうございます!

  5. 5

    キッチンの天井を下げる|下がり天井でインテリアの質感アップ&意識的効果アリ

  6. 6

    失敗しがちな目隠しフェンスの高さ|外構計画単独で考えるとこんなことに!

  7. 7

    長い間売れていない土地を買っても良い?それともダメ?|土地探しの基本について

  8. 8

    LDKの照明の色はなるべく揃える|統一感のある印象に必須の考え方

  9. 9

    気をつけたいウッドデッキの貼り方向|屋内と屋外の方向を合わせるのが基本です

  10. 10

    小上がり和室の考え方|ポイントは「座って居心地が良い」空間づくり

最近の記事 特集記事
  1. 【外構×見積もり】単価で知る!!外構工事の見積もり金額の目安

  2. 失敗確定!?間取りの要望を伝える時にやってはいけないこと?

  3. 【CAFE STYLE×雑貨・グリーン】「お気に入り」に囲まれた生活を愉しむ家|広島市

  1. 改めての自己紹介|当ブログを更新する目的についてもご紹介させて頂きます!

  2. 【街中×中庭】広大な中庭を中心に設けた、街中で自然を感じることができる|広島市

  3. 【中庭×併用住宅】中庭のある事務所併用が可能な自邸|安芸郡

TOP