劇変ビフォーアフター|間取りはそのままで「インテリアをデザインする方法」

家づくり知恵袋

家づくりのご計画の中で、お施主さまも設計者も「間取り」に目がいきがち。しかし、「間取り」だけを見ていては「ダサダサ・インテリア」な家になってしまうかもしれません。
本来は、間取りと空間を同時進行しながらデザインすべきですが、今回はあえて「間取りはそのまま」で「インテリアデザインをどこまでできるか?」をパースをもとに解説していきます。

 

まずは何でもない普通なインテリアからスタート

上のパースを見て、何か感じられますか? よくあるストレート型のLDK。右側に和室が繋がり、左側がお庭です。

https://design-tak.com/wp-content/uploads/2021/11/glass_office-worker_11847-460x460.png

掃出しサッシは開放感が生まれるように高さ2.2mのハイサッシにしております!

という営業トークが聞こえてきそうな感じですね(内部建具(ドア)の高さ(2.0m)よりも掃出しサッシの方が少し高さが高いですよね?)。

少し分かりにくいパースで申し訳ないですが、建具や窓の高さがバラバラする空間は落ち着きません。

 

建具や窓の高さを揃える

2.2mのハイサッシを、普通の高さの2.0mの高さの窓に変更しました。 ハウスメーカーのCMなどの影響もあり、「天井や窓は高い方が良い」と思われている方も多いと思いますが、「あえて高さを抑える」ことで空間にまとまり感を出すことができます。

 

フルハイドア・ハイサッシを採用する(無駄な線を消す)

続いて、2.0mの窓サッシと建具(ドア)を、天井まであるフルハイドア&ハイサッシに変更します。

目的は、「垂れ壁」と言う「天井とドアや窓の間の壁」を省く ➡  壁面の余計な線を消す ことで、空間にスッキリ感をもたらすことです。

フルハイドア・ハイサッシを採用する時の注意点ですが、カーテンレールやエアコンなどを設置する場所が減る

ことです。垂れ壁がある一般的なお宅では、特にエアコンについて設置場所を考えていなくても、「どこかしらに設置できる」ので問題なかった(?)のですが、フルハイドア・ハイサッシの組み合わせのお宅の場合は、誤魔化しが効かないので、プランニングの段階で設置場所をしっかり考えておく必要があります。

 

もっと無駄な線を減らす

窓とドアを壁際に寄せて、奥側の壁と掃出しサッシや建具との間の壁(千)を更に減らしました。奥側の壁が壁、左側は窓、と、面ごとに役割を分けてあげることで、ハッキリとした空間の印象になります。

 

外部空間を取り込む

軒を出し、縁側(LDK とフラットに続く外部)を作り、袖壁を出すことで屋内と外部に繋がりが出て広く感じます。注意すべき点は、LDKのフローリングの向きと縁側の板目方向を合わせること。これを間違えると、全体的にチグハグな空間になってしまいます。

気をつけたいウッドデッキの貼り方向|屋内と屋外の方向を合わせるのが基本です

 

更に線を消し、質感を揃える(色や素材の数を減らす)

「このパースだけ「レンダリング」したリアルなCGパースだから、キレイに見えるに決まってるじゃん!」というクレームは受け付けていませんので悪しからず(笑)

ここからは、コストが思いの他かかったり、設計者のセンスや経験が大事になってくるので、難易度高めですが、内外の質感を揃えて色や質感の数を減らしたり、細かい線を消していくと、よりスッキリとした空間になります。

例としては、「窓枠を工夫して複数の窓に連続性を持たせる」「外壁材を屋内にも貼り付ける」「内外同じ材料の天井(軒天)にする」ことが有効です。

 

まとめ

如何ですか?間取りは全く同じのストレート型のLDKですが、最初のパースと最後のパース、全く違う空間に感じますよね? (厳密には窓や建具の位置を変えてるので、全く同じ間取り…とは言えないかもしれませんが) 間取りだけを見て打合せを進めていくと、最後のパースのような家をイメージしていたのに、実際建築されたら最初のパースのような家だった…

https://design-tak.com/wp-content/uploads/2021/11/dress-up_female_11634-460x460.png

イメージと違う家ができてしまった!

なんてことが起こってしまう可能性があります。

皆さん、しっかりと立体(できれば3DCGなど)で確認しながら家づくりを進めることが、「失敗しない家づくり」の大事なポイントではないかと思います。

 

家づくりのご相談

家づくりに関するご質問・ご相談は気兼ねなくご相談下さい。(広島・山口県岩国エリアの方につきましては、家づくりのプランニングのご依頼も承ります)

    お問合せはこちらよりお願いします

     

    https://design-tak.com/wp-content/uploads/2021/11/写真-300x300.jpg

    ブログランキングに参加しています!
    応援がてらクリックして頂けると嬉しいです‼

    にほんブログ村 住まいブログへ
    にほんブログ村

    Takashi Nakata

    Takashi Nakata

    住宅の基本設計と営業をする人|失敗しない家づくりのコツを発信|たまに写真や日常について|職歴:地場HM(大手HM・設計事務所勤務経験有)|実績:建築150棟・内基本設計100棟|1棟1棟丁寧に家づくりをさせて頂いております|間取り相談や家づくり・住まいについてのご相談は気兼ねなくご連絡下さい。

    関連記事

    特集記事

    コメント

    この記事へのコメントはありません。

    Takashi Nakata

    Takashi Nakata

    住宅の基本設計と営業をする人|失敗しない家づくりのコツを発信|たまに写真や日常について|職歴:地場HM⇨大手HM⇨設計事務所⇨地場HMに出戻り|実績:建築150棟・内基本設計100棟|1棟1棟丁寧に家づくりをさせて頂いております|間取り相談や家づくり・住まいについてのご相談は気兼ねなくご連絡下さい。

    ランキング

    1. 1

      失敗確定!?間取りの要望を伝える時にやってはいけないこと3選

    2. 2

      失敗必至!?土地探しで失敗する鉄板パターン3選|家づくりの土地探し

    3. 3

      プランニングを行う手順|家づくりのプラン(間取り)作りは何から考える?

    4. 4

      家づくりの間取りづくりの第一歩|窓計画のチェックポイント

    5. 5

      気をつけたいウッドデッキの貼り方向|屋内と屋外の方向を合わせるのが基本です

    6. 6

      LDKの照明の色はなるべく揃える|統一感のある印象に必須の考え方

    7. 7

      キッチンの天井を下げる|下がり天井でインテリアの質感アップ&意識的効果アリ

    8. 8

      「本当に必要?それとも要らない?」|新築に不要なモノ ベスト3

    9. 9

      意外と難しいエコカラットプラスの割付|1枚が大きい柄は特に気をつけましょう

    10. 10

      1階に寝室がある間取り|1階生活完結型のプランが人気です

    最近の記事 特集記事
    1. 北側の柔らかい光を利用して景色を取り込む|大開口窓の逆転の発想?

    2. 間取り(プラン)作りで失敗する「鉄板パターン」|伝言ゲームの闇を深掘り

    3. 失敗確定!?間取りの要望を伝える時にやってはいけないこと3選

    1. 改めての自己紹介|当ブログを更新する目的についてもご紹介させて頂きます!

    2. 【街中×中庭】広大な中庭を中心に設けた、街中で自然を感じることができる|広島市

    3. 【中庭×併用住宅】中庭のある事務所併用が可能な自邸|安芸郡

    TOP